兵庫県神戸市のヒーリングサロン 癒しの空間ひなた

緑豊かなサロン近くには四季折々いろんな鳥たちが飛び、癒しの時間をお過ごしいただいております。

トップバナー20161006(ピンク)

HOME ≫ ブログ

ブログ

同じでなくても

231821e2-9a27-46dd-a4c6-06978649e35b.jpg
旅行から帰った娘の話を聞くのが嬉しい。
四国で食べたフルーツ大福が美味しかったと興奮気味に話してくれた。
バタバタしてお土産買えなくてゴメンねぇと言ってよっぽど気にしていたのか仕事帰りに同じじゃないけどと言いながらも大阪のデパ地下でフルーツ大福を買ってきてくれた。
ワクワクしながらお菓子を見つけてくれたのが嬉しかった。
翌日はお休みをとり、私とのおやつの時間にと買ってきてくれたのだ。
名前も可愛いい。
二人ともウーン↗️って言いながら食べた。
ジューシーで自然の甘味でとっても美味しかった。
最近は何故かしらバタバタお片付けばかりでいいかげん疲れてしまっていた。
娘と一緒にワクワク楽しいおやつの時間が過ごせて嬉しかった。
2017年06月28日 16:00 |コメント|

同じ様でも

35daec91-4f0e-4999-acc1-de82832177bb.jpg
化粧品にかぶれたことが無かったのに、オイルをつけたら皮剥けしてしまった。
そうなると、衣類洗剤、シャンプー、石鹸などケミカル色の強いものは使えなくなった。
変わる時は色々なエネルギーが混じる。今迄大丈夫でカブレははじめてで驚いて感情も動くし、慌てると色んな情報が入り交じるような気がする。
こういう時はゆっくりと内観しニュートラルでいないと思う。そうすると良いものに巡りあったり、良い選択ができるしタイミングも合う。
(合うものが見つかって落ち着いたし)
自分にとって良いこと悪いことが同時に起こる事もある。辛いことでも良いことになる事もある。
生活のさもない事でも1日として同じ日は無いのだから。
変化に向けて何らかのお手伝いが出来たら良いなぁと思っている。



2017年06月13日 15:30 |コメント|

琵琶湖テラス

34743d5a-34c5-4e7b-8f73-c72dc079d802.jpg
ここ最近家から出る事なく忙しくしていたので、旦那さんと以前から行きたかった琵琶湖テラスに行った。
去年、一昨年の事で主人と同様な環境で過ごしていたのだなと気付かされた。
共有し、分かち合う体験はどれだけ大切なのかとか。
忙殺されていると気づけない事が多い。
360°スッキリと開けた綺麗な景色をみてとても良い時間が過ごせた。
帰る頃上空の雲があっという間に降りてきて雲海みたいで素敵だった。
この時の感覚を大切に覚えているといつでも落ち着けて良いなぁと思った。
2017年05月31日 14:30 |コメント|

10年

6a181c39-89b9-422e-a2ea-26672100d354.JPG
今のお家に住んで10年経った。
瞑想でみえた家(屋根、外壁)だったり、子供が知っていたり、不思議な縁があった。
それまでは遊牧民のように引っ越しを繰り返していたので10年はとても感慨深い。
10年の間色々あった。HPやサロンはまだ最近だけれど。沢山のご縁をいただき不思議な体験をされた方もいた。
今の時期、鶯やホトトギス、蝶などやってくる。先日はイタチの子供が来て家の猫とその様子をみていて固まってしまった。
全く同じ様でいて、その時々の自分の有り様で感じ方も移り変わっていると思う。
春夏秋冬、喜怒哀楽の中で色々落ち着いてきて、振り返ってみると、皆で過ごした時間全てが支えあい協力して創られたような気がしている。
あ~こういう事だったのだなぁ、起こる事に無駄がないなぁと思うと、受け入れられる感覚になってきた。
これまでの日々に感謝して過ごそうと思っている。
2017年05月30日 15:30 |コメント|

変化の兆し

20f06259-b5f7-43bb-a754-5cc6a6c4b2e4.jpg
お家も築30年近くなり、長い間放っておいた所を直す事になった。
ここ最近(春分の日辺り~かな?)自分自身も色々あって訳が分からない。
平気だった食べ物が食べられなくなったり、馴染んでいた物、場所だったりが合わなくなったりしている。
大好きな服は変わらないけれど、それでも重たい布地はもういいかなって感じがしている。
私自身の事もそうだけど、関東にいた長女夫婦が関西に帰ってきたり、旦那さんのお勤めも切り替わったり、周りの環境も大きく変わってきた。
自宅裏の森は若葉が大きくなり、デッキのツルバラも咲き始めて、野鳥や蝶も飛んできて、それは変わらなくてホッとしているけれど。
大方2週間かかったリフォームもやっと終わって気持ちも落ち着いてきた。
畳、窓、何より玄関扉が変わったので、どうなるとか何も分からないけれど、きっと、いつの間にかそうなるような、抵抗するとかえってきつくなるような気がしていて、自然な流れを受け入れていこうと思っている。

2017年05月08日 16:30 |コメント|

プラスマイナス

0000448793.jpg
猫さん(まろ)が来て1ヶ月余り。
家族が増えるとお家のエネルギーも変わる。
お互い少しの思いやりで折り合いをつけながら暮らすのが大事だなぁと思う。
まろの事で色々なアドバイスを聞いているうちになんか不安になり心配になった。
そうすると1つの不安から、自分以外の不安な事も耳に入るようになった。頭もパンパンで苦しいなぁと思っていると、軽い捻挫をしてしまった。感情の溜まりどころの腰も痛い(いつも同じところを痛める)情けなくて
もう本気で自分の思い癖を解放しようと思った。
マイナス(ネガティブ)をプラス(プラス)に変えようと決めるとすぐ転換できる。今はそれ位プラスの作用も強い時なのだ。
自分をどちらの方向に持っていくか気付かせていただいたのだと思った。

2017年03月02日 13:30 |コメント|

新しい家族

0000444565.jpg
大好きだった猫さんを迎える事になった。
友達から借りた本で色々みて淡い茶色のスコティッシュが良いなぁということになった。
まだ先にしようと思いながらもふと気になって、ペットコーナーを覗いてみると、理想どうりの猫さんがいた(*^^*)
少し病気だったので余計気になって、決めてしまった。
名前も『まろ』に決めて体調がよくなるのを待ってお家に迎えて20日余り。
ダメとかきつく言うとか色々きいたけど、なんか合わなくて疲れてしまった。
危険な事、食事中、遅い時間は静かに、セッション中とかお互いしんどくならないよう工夫してマイペースな我が家なりにしようということになった。
一緒に過ごす時間は本当に癒される。
縁あって来てくれた事に感謝で胸が一杯になる。
2017年02月13日 15:00 |コメント|

今年もどうぞ宜しくお願いします

98017634-5f63-47e4-9c0f-d322ab40fc02.jpg
今年は穏やかでまったりとお正月を迎えた。家族のリズムが合っている感じだった。
昨年はとても心が暖かくなる体験があったり、辛くて哀しい事があったりとコントラストの落差が大きかった。その中でわいてくる感情をみて、何を選択するの?と言われているような。
人各々自由意志があるからマルペケで判断できる事は何もない。
重たい物を減らして軽くなっていけたらと思う。
思いがけない事から真実を知らされ、それによって暖かい想いを受け取ったり出来た。
高次の存在を感じざるをえない体験が沢山あった。
そんな中で前から観たかった『神様メール』という映画(DVD)を観た。
このタイミングで観れて本当に良かった。
素敵で光が一杯で超高速で癒された。
こうしてる間も降ってくる光を循環させていけるよう頑張っていこうと思っている。
2017年01月05日 17:30 |コメント|

光がたくさん

fc310c16-22d7-43a0-8e10-6ab30783bc27.jpg
某デパートのトイレ前を通りかかると、ベンチがあって、ベンチを取り囲むようにして人がいた。
ベンチには女性が横になっていて、店員さんもいて、何処かに連絡しているようだった。
救急車を呼んだのかな?
お医者様早く来たら良いのにとか思いながら歩いていたら、目の前に私のかかりつけのI先生が。
「先生なんとか、かんとか」
「今日は休みでね」と話して別れたのだけど。
あれっ?何か忘れてる。私はいつもすぐ意識が飛んでしまう。固まるというか...。
舞われ右して先生を追いかけて事情を話すと、先生は行ってきますと向かって下さった。
ベンチの女性は辛くて不安だろうから少しでも早い方が良いし。救急車がきたとしても先生が傍にいて診て下さればどんなに良いか。
I先生は素晴らしい先生だからきっと大丈夫と思ってお家に帰った。
神様、天使、高次の存在は本当にいつも完璧だと思う。偶然など絶対にない。皆に光があたっている。各々が役割を果たしているような感じがして嬉しかった。

2016年12月17日 17:00 |コメント|

父のこと

94ba7d6a-985b-43b6-ab31-59f04dcd9e43.jpg
幼少期から物より心と思いながら過ごしていた私は両親と考え方が合わなかった。両親の仲も良くない感じだった。
祖母は私をとても可愛がってくれて家事など教えてくれた。
何故か神社や寺によく連れて行ってくれた(祖母と私の過去世の関係があった)
祖母は心主体の人だった。色々な想いを秘めて亡くなった。
いつも私に我を抑えなさいと言っていた。
色々な不思議な出来事、プロフィールにあるセラピストの先生のお陰で両親とのわだかまりも無くなった。先生のすすめで
両親に思いをぶつけて、分かり合えたのは父だけだった。
父との思い出だけが記憶にある位私は父親っ子なのだ。父に似ている。
父は癌を患っていた。
母に心、愛する事を教える為病を選んだのだ。
私も母に色々話したけれど。
父は一切介入させず母とだけ向き合っていた。
最期まで周りを気遣っていた。
私にできるのは祈りエネルギーを送る事だった。
疲れたと本音を言うようになり、父が本当に望む環境を整えたくて私と主人、孫である子供達とホスピスに入院させた。
高台の暖かい南の明るい部屋でたった一日だったけれど仲の良い友達とも話せ、もみじを見て 静かで良いところと気に入ってくれた。皆に囲まれ幸せだとも。
私達家族への思いもハートに入ってきた。
叔母と再会した時、父が私の中に入り涙が溢れた。働きながら妹である叔母を学校に行かせていた(知らなかった)ので想いの深さを感じたのだ。
叔母に告げると叔母は父の私への想いを話してくれた。
自分が愛されていると分かると胸があつくなり涙が溢れた。
主人や子供達も自分も哀しいのに支えてくれた。
父の亡骸の傍で私、主人、子供達だけで居た時「ふぅ~」と一息聞こえてきた。
それを皆がハッキリ聞いていた。
お別れをしたのだなと思った。
父の想いに感謝し前向きに生きていこうと思う。
愛し愛される事、自分を大切にする事を光の中で父は私達に教え昇っていった。
2016年12月15日 17:30 |コメント|

Side Menu

モバイルサイト

癒しの空間ひなたモバイルサイトQRコード

癒しの空間ひなたモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!